トコ―ソーあかん その一と三
    
その一 財源なくして、 その2 自治権なし。

現在の大阪市の税収入6600億円の75%を
占める資産税などが、大阪府のものとなり、
特別区(今の大阪市内)の税収が、約1/4に
激減、そのうえ、国からの地方交税1100億円
も消滅、大阪市民は大損です。
 
その三  災害(大雨、大洪水、大地震)時の
        下水道管理責任市長がいない。
   行政は3重に分割(特別区・大阪府・国)されて、
       災害時の対応がとても心配。
         
 都構想アカンその1と2 
都構想アカン市民大損12の全体ページ(A4版pdf)を拡散お願いします。