トコ―ソーあかん その一と四
    
 1 財源なくして、 2 自治権なし。

現在の大阪市の税収入6600億円の75%を
占める資産税などが、大阪府のものとなり、
特別区(今の大阪市内)の税収が、約1/4に
激減、そのうえ、国からの地方交税1100億円
も消滅、大阪市民は大損です。
 
 4 財源がないのに、予算の無駄使いは破綻へ直行

1つの市でまとめてできていたコンピューターシステムが
税務・戸籍・福祉・健康保険など4つに分ける膨大な無駄
合併による行革とは逆行の反行革・管理人材の補給が
出来ない。明白な時代逆行。